タグ「LIXIL」が付けられているもの

業界初の耐震リフォーム工法

極薄シートを既存壁に張るだけ

LIXIL(東京都、藤森義明社長)は、一般的な工法の約半額で耐震リフォームができる、耐震リフォーム工法「アラテクト」を開発した。

引っぱり強度が鉄の約7〜8倍ある高強力なアラミド繊維に樹脂を含浸し、厚さ1ミリ以下の薄い板状にしたアラテクトシートを、既存の壁の上から張るだけの簡単施工だ。

日本建築防災協会の「住宅等防災技術評価」を取得し、壁倍率2.5倍相当の耐力が認められている。

4月から全国13会場で2回ずつ、計26回の技術講習会を開催予定で、受講事業者から順次販売を始める。

壁などを解体して行う従来の耐震リフォームは、一般に189万〜200万円掛かるといわれているが、アラテクト工法を用いると補助金がなくても、約半分の100万円でできる。工期も最短3日と短く、解体ゴミなどでないため住まいながらできる点も利点だ。

耐力壁となるアラテクトシートは、縦2600ミリ×幅1メートルのサイズで納入される。軽く、ロール状に巻けるため現場の天井高に合わせて切断し、養生テープなどで既存の壁に仮止めする。柱と間柱に壁厚調整兼ピッチ位置マークの板をタッカーで留め、調整板の穴に沿って座金とビスを打って固定し、石膏ボードではなく同社の断熱リフォーム用パネルを張ると、耐震と断熱のリフォームが一度にできる。

 

(日刊木材新聞 H27.04.18号掲載記事抜粋)
詳しくは日刊木材新聞紙面をご確認下さい。
日刊木材新聞ホームページ http://www.n-mokuzai.com

ソーラーシステムを備えた未来型屋根 ~LIXIL~

 ソーラーシステムを備えた未来型屋根 ~LIXIL~

LIXIL(東京都、藤森義明社長)とシャープ(大阪市、片山幹雄社長)は昨年8月に業務提携し、初の共同開発商品が4月2日に販売を開始されました。

以下、メーカーサイトより

 

未来の住宅屋根に求められる性能を考えたカタチ、それがハイブリッドな住宅用屋根材「ソーラールーフ」

 

これからの地球にやさしい暮らしのために、LIXILはできることを考えました。その結論のひとつが、発電する屋根材の開発です。太陽光発電は屋根の上に乗せるものという既成概念を払拭し、屋根そのものが発電することで、様々なメリットを生み出しました。進化した新しい屋根材「ソーラールーフ」が、これからの日本の住まいづくりを大きく変えていきます。

 

詳しくは、LIXILホームページ(http://www.lixil.co.jp/)、

該当商品紹介ページ http://www.lixil.co.jp/lineup/solar_roof_outerwall/solar/roof/solarroof/ にてご確認下さい。

 屋根一体型 太陽光発電システム「ソーラールーフ」新発売 ~LIXIL・シャープ~

LIXIL、シャープ共同開発商品 第1号として、屋根一体型 太陽光発電システム「ソーラールーフ」新発売した。

4月2日からLIXILブランドとして販売する。

 

以下、シャープ株式会社より発表されたプレスリリース内容

LIXIL、シャープ共同開発商品 第1号

屋根一体型 太陽光発電システム「ソーラールーフ」新発売

 株式会社LIXIL( 本社:東京都千代田区、社長:藤森義明)とシャープ株式会社(本社:大阪市阿倍野区、社長:)は、屋根一体型の太陽光発電システム「ソーラールーフ」※を共同開発し、LIXILが4月2日から地域の工務店・工事店などの建材・設備市場向けにLIXILブランドにて発売を開始します。
※新築・スレート屋根対応用

両社は、昨年8月に両社の経営資源を活かし、エレクトロニクスと建材の融合を図った新たな製品・サービスの開発を目的に業務提携し、合弁会社 エコ・ライフ・ソリューション株式会社(本社:東京都中央区、社長:太田裕介)を設立しました。今回発売する「ソーラールーフ」は、LIXILとシャープならびにエコ・ライフ・ソリューションが共同で企画・開発した初めての商品です。

一般的に戸建住宅にソーラーパネルを搭載する場合は、屋根材の上に架台を取り付け、その上にモジュールを設置します。今回開発した「ソーラールーフ」は、モジュール自体を屋根材として使用できる構造にしたことで、屋根に後から穴を開ける必要がないため雨漏りの心配を軽減でき、一度の工事で施工できます。さらに新築住宅の設計時には屋根全面をソーラーパネルにすることが可能※なため、大きな発電量が期待できる上、建材一体型の特長である凹凸の無いデザイン性に優れた屋根に仕上がります。

※屋根全面をソーラーパネルにするには、予め設計上の打合せが必要です。

また性能面では、発電効率の高いシャープ製のモジュールに、LIXILが開発した『3重の止水構造』の取り付け部材を採用することで、高い発電性能と優れた防水構造を実現しています。さらにモジュールの下には通風経路を設け、屋根の棟側から自然に排熱するオリジナル構造となっており、発電効率の低下を防止します。

今後もLIXILとシャープは、「環境・エネルギー」「安全・安心」「利便・快適」「健康・癒し」「スマート・効率」の5つのキーワードに基づき、新たな製品・サービスの提供により、人と環境にやさしい住空間の普及に貢献していきます。

 

株式会社 LIXIL  http://www.lixil.co.jp/

シャープ 株式会社  http://www.sharp.co.jp/

プレスリリース: http://www.sharp.co.jp/corporate/news/120329-a.html

アパマンショップとLIXILの業務提携に基本合意

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

アパマンショップとLIXILの業務提携に基本合意

 アパマンショップホールディングスと、LIXILは、「賃貸アパート・賃貸マンションのリノベーションに関係する建築商材等の提供」における業務提携の協議・検討を開始することについて合意、基本合意書を締結したことを11月1日に発表した。

 日本国内において、主として賃貸住宅を得意とするアパマンショップとその顧客、全国の賃貸管理事業者等に対して、情報や建築商材などを提供し、両社のネットワークと事業基盤を相互に活用することで、シナジー効果を高めていく。

 基本合意に基づき、業務提携の具体的な内容について今後両社間で協議、今年12月31日を目処に事業提携契約を締結する予定。

各企業について

各社ホームページをご確認下さい。

「INAXライブミュージアム」5周年/LIXIL

「INAXライブミュージアム」5周年/LIXIL

INAX ライブミュージアム
株式会社LIXILは「INAXライブミュージアム」が今年10月、オープン5周年を迎えるに当たって記念事業を実施すると発表。
1階を改修、11月に新装オープンするほか、来年4月には新たな施設を新設する予定。
 
INAXライブミュージアム http://inax.lixil.co.jp/ilm/
 
 
詳しくは、日本住宅新聞ホームページにてご確認下さい。

LIXIL 「太陽光発電ショップ」オープン

LIXIL 「太陽光発電ショップ」オープン 

住宅設備機器・建材の総合メーカーである株式会社LIXIL(本社:東京都千代田区、社長:藤森義明)の100%出資子会社の株式会社LIXILオンライン(旧トステムオンライン株式会社)は、“メーカー責任施工付” 住宅設備機器・建材のネット販売サイト「トステムオンラインショップ」に9月15日「太陽光発電ショップ」( http://tostem-online.com/shop/contents1/solar.aspx )をオープンします。ご自宅の節電をサポートする太陽光発電設備を、屋根の大きさに合わせて選べるバリエーションでご用意し、工事費込みの分かりやすいパック商品として、安心の10年保証付きで販売します。

LIXIL 合弁・業務提携に関する契約締結のお知らせ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 LIXIL 合弁・業務提携に関する契約締結のお知らせ

H23.6月21日にLIXLより4月に発表がありましたシャープとの業務提携について発表がありました。
 
 シャープ株式会社(本社:大阪市阿倍野区、代表取締役社長:、以下シャープ)と株式会社LIXIL(本社:東京都千代田区、社長:杉野正博、以下LIXIL)は、本年4月14日に発表した建材・設備市場における合弁・業務提携について、詳細の検討を重ねて参りましたが、本日、契約を締結致しましたので、以下の通りお知らせ致します。
 本提携においては、両社の経営資源を活用し、太陽光発電機器およびLED照明などといった家電機器と建材を融合させた製品や、環境、安全・安心、健康などを主たるテーマとしたソリューションの企画等を担う合弁会社を設立します。
 また、上記製品・ソリューション等を両社が有する建材、設備および家電ルートなど幅広い販路で販売します。
 両社は今後、合弁会社設立等の手続を行い、本年8月1日の事業開始に向けて準備を進めてまいります。
 新会社の概要は下記の通りです。
 
                  記
(1)商号 エコ・ライフ・ソリューション株式会社(英字:Eco Life Solutions Co.,Ltd.)
(2)事業内容 エレクトロニクス機器と建材・設備機器の企画マーケティングおよびその関連サービス業
(3)所在地 東京都中央区日本橋浜町3丁目3番2号
(4)資本金 7000万円
(5)株主 シャープ 50%、LIXIL 50%
(6)設立日 2011年8月1日
 
株式会社 LIXIL http://www.lixil.co.jp/
シャープ株式会社 http://www.sharp.co.jp/

 

シャープ株式会社と株式会社LIXILが業務提携

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 シャープ株式会社と株式会社LIXILが業務提携について合意されました。

 

「創エネ」「省エネ」に優れた太陽光発電機器及びLED照明等と、建材を融合させた製品など、環境、安全・安心、健康などを主たるテーマとした製品・ソリューションの企画ならびに開発を推進していくとのこと。

また、シャープが開発した省エネ機器等をLIXILが有する建材及び設備ルートで販売するなど、両社の強みを活かした提携により、住宅のみならずオフィスビル等に向けた新たな需要を創造していくとのことです。

 

詳しくは、

株式会社シャープ http://www.sharp.co.jp/

株式会社LIXIL http://www.lixil.co.jp/

にてご確認下さい。

 

 

株式会社住生活グループの組織再編のお知らせ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

㈱住生活グループより下記のとおり発表がありました。

 

※発表記事転載

 

来年4月における組織編制のお知らせ


  謹啓 深秋の候、貴社益々のご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素は弊社グループ商品に格別のご愛顧を賜り、心より厚く御礼申し上げます。
さて、本日11月1日開催の弊社取締役会において、トステム㈱、㈱INAX、新日軽㈱、東洋エクステリア㈱、
及び株式会社LIXILが平成23年4月1日(予定)に合併するとともに、合併会社の商号を株式会社LIXILに変更する
「基本方針」を決議しましたのでお知らせいたします。
なお、サンウェーブ工業㈱については、生産以外の部門を株式会社LIXILに移管する予定です。
  これまで、弊社グループの事業会社は、同一グループにありながらまったく異なる仕組みで販売活動をおこなってきたため、
皆様には大変ご不便をお掛けしてまいりましたが、お客様に対し既存の商材の枠組を超えた総合的なソリューションを
提供できる体制へ変更することといたしました。
  TOSTEMやINAX、新日軽、SUNWAVE、TOEXといった商品ブランド名称は今後も継続使用してまいります。
なお、ご提供させていただいている取引のしくみ・サービスも現状の運用を継続させていただきますが、
将来は一層お客様にご満足いただけるよう改善を進めてまいります。お客様におかれましては、
何卒ご理解のうえ、引き続き格別のご愛顧賜りたく謹んでお願い申し上げます。

謹白

平成22年11月1日                      
株式会社住生活グループ 取締役会長 瀬田 洋一郎
             取締役社長 杉野 正博 

■合併の期日
平成23年4月1日(予定)

■合併・再編となる事業会社

 

商号 トステム株式会社 株式会社INAX 新日軽株式会社 東洋エクステリア
株式会社
株式会社LIXIL サンウェーブ工業
株式会社※
 事業
内容

 住宅用建材、ビル用建材、
住宅設備機器の製造・販売

タイル、建材、住宅設備
機器 の製造・販売 
アルミニュウム建材製品の
製造・販売 
 エクステリア製品
の製造・販売
統合営業戦略の立案   住宅用暖房設備機器・
住宅用衛生設備機器、
業務用設備機器の製造・販売
 代表者 代表取締役社長
大竹俊夫 

代表取締役社長執行役員
川本隆一 

代表取締役社長
杉本 正和 

代表取締役社長
福田 功 
代表取締役社長
井植 敏雅 
代表取締役社長
織田 昌之助 
従業
員数 
8,873名  5,947名  1,302名  542名  16名  1,985名 
 

■合併後の概要(予定)

商号 株式会社LIXIL
事業内容 建材・設備機器の製造・販売及び
その関連サービス業
代表者 代表取締役社長 杉野 正博

※サンウェーブ工業㈱については、生産以外の部門を株式会社LIXILに移管する予定です。