タグ「震災情報」が付けられているもの

大建工業 『地震に備えて』サイトをオープン

 『地震に備えて』サイトをオープン

大建工業株式会社(大阪市北区堂島/社長:澤木良次)は、平成9年に耐力面材「ダイライト」を発売して以来、地震に強く、長く安心して暮らせる住まいづくりを提案してまいりました。

今年3月の東日本大震災の発生以後、当社の地震配慮製品に関するお問い合わせが急増しており、このような、お施主様および建築業界関係者における耐震への関心の高まりを受け、この度、当社は、地震・耐震の知識や情報について分かりやすく解説したコラムや、住まいの耐震状況を簡単に確認できる「かんたん!住まいの耐震チェック」、また、自治体による耐震診断・改修の補助制度に関する情報等をご提供する特集サイト『地震に備えて』を公開しました。

 ※「ダイライト」とは、再生資源のスラグウール(鉄鉱石の精錬後の残材を繊維化)と、未利用資源である火山灰シラスを原材料とするパネルです。防耐火、軽量、高強度、防犠牲などの特徴を活かして、住宅の外壁下地材や不燃壁材などに使用されています。

【サイトの概要】

 □「かんたん!住まいの耐震チェック」
  自宅が地震で倒壊する可能性を、建築年数や基礎の状態から簡単に確認できます。

 □「地震について考える」
 地震について知っておきたい、住まいの安全対策や知識などをコラム形式で解説しています。

 □「地震に強い家づくり」
 新築・リフォームに応じた当社の地震配慮製品をご紹介しています。

 □「地震に備えて」業者様向けコンテンツ
 耐震製品に関する最新情報や施工研修会のご案内等。

○サイトアドレス

http://www.daiken.jp/taishin/index.html

東日本復興応援 ブルズフェア 開催!!

 平成23年度ジャパン建材標語

東日本復興応援 ブルズフェア 開催!!

東日本大震災の被災地にも、少しずつですが、復興に向けた動きが出てきています。ジャパン建材では、大震災からの一日も早く復興することを心から願うとともに、今回の大震災に打ちひしがれた東日本を、元気で明るく前向きに変えていため、東日本復興応援ブルズフェアを開催します。

当日はBulls商品を中心に、水廻り、オリジナル外張り断熱D&J工法、太陽光パネル、LVL構造躯体、制震ブレース”GOTA”、OSB、フリー板等を展示します。また、JKサポートセンターによる長期優良住宅・リフォームローンの相談会を実施いたします。

Bullsならではも特色あるロングセラー商品から新商品まで魅力いっぱいの幅広いラインナップを取り揃えて皆様をお待ちしております。

ブルズフェア 特別セミナーを開催!

セミナー参加ご希望の方は、事前にセミナー参加申込書に必要事項をご記入いただき、FAXをお送りください。
詳しくは、お近くのジャパン建材各営業所へhttp://www.jkenzai.co.jp/office/location.html

セミナー1
「資金調達の多様化について」 震災発生に対応した制度融資のご紹介等
講師:JKホールディングス株式会社 取締役 財務経理部 財務担当部長 渡辺 昭市氏

セミナー2
「住宅革命」-日本の家づくりををかえる- 住宅業界が変われば、これからの日本に、劇的にいい家が安く建つ!
講師:マキハウス代表取締役 眞木 健一氏

<開催日時等>

2011年5月28日(土) AM9:00~PM5:00

会場:新木場タワー1階 大ホール
東京都江東区新木場1-7-22

主催:ジャパン建材株式会社

 仮設住宅、着工済み・建設予定合わせて1万279戸に(4月11日)

 被災地で建設が進む応急仮設住宅は、4月11日現在、岩手県で25地区2500戸、宮城県で25地区3120戸、福島県で26地区1788戸、千葉県で3地区230戸で着工済み。このほか、42地区2641戸で建設地が決まり着工予定となっている。
 

詳しくは、<新建ハウジングweb>をご確認下さい。

地域材の仮設住宅建設目指す/全建連、全建総連、士会連合会が協議会

全建連・JBN、全建総連、士会連合会はこのほど、「応急仮設木造住宅建設協議会」を設立した。
福島、宮城、岩手で、応急仮設住宅の地元工務店等の公募がスタートすることに対応。
在来工法を活かした地域材による仮設住宅を建設することで、被災地の中小工務店等の雇用確保・仕事創出を目指す。

詳しくは、新建ハウジングWebにてご確認下さい。

被災者に対する住宅の補修・再建相談現地相談窓口の追加について(郡山・水戸)

 

3月31日から実施している被災者に対する住宅の補修・再建相談について、被災主要都市において対面で相談に応じる窓口を新たに郡山市と水戸市に開設しました。

現地窓口での対面相談は、下記専用フリーダイヤルで予約を頂いた方が優先となりますので、できるだけ予約の上ご来訪ください。

新たに開設する窓口(4/8から)

郡山窓口 福島県郡山市台新1丁目33-5郡山建設会館2F

水戸窓口 茨城県水戸市笠原町978-30建築会館2F

 

開設済みの窓口(4/1から)

仙台窓口 宮城県仙台市青葉区本町2丁目3-10仙台本町ビル9F

ハウスプラス住宅保証株式会社 東北営業センター内

  ※八戸窓口は問い合わせ件数が少ないことから、当面休止いたします。

 

開設時間:10:00~17:00(日・祝日を除く)

 

総合受付 「住まいるダイヤル」被災地専用フリーダイヤル

 電話番号:0120-330-712

        (一部のIP電話等からは03-3556-5147)

 受付時間:10:00~17:00(日・祝日を除く)

 

【参考】「被災者に対する住宅の補修・再建相談」業務内容

(1)被災地専用フリーダイヤルの設置

 住まいるダイヤルに被災地専用のフリーダイヤルを開設し、被災住宅の修補・再建に関する電話相談を実施。

(2)被災主要都市における相談窓口の設置 (準備が整い次第順次)

 被災地各県の主要都市に、相談員が対面での相談を行う窓口を設置し、被災住宅の補修方法、補修費用など具体的な相談に対応。

(3)現地での無料相談・診断の実施

 各被災地において、住宅瑕疵担保責任保険法人の検査員が被災住宅の無料診断等を行い、補修方法、補修費用など具体的な相談に対応。

 

対象地域:青森県、岩手県、宮城県、福島県、群馬県、栃木県、茨城県、

千葉県、新潟県及び長野県(被害状況に応じて追加を検討)

詳しくは、<国土交通省ホームページ>にてご確認下さい。

 

■お問い合わせ先

国土交通省住宅局住宅生産課

TEL:03-5253-8111 (内線39-458、39-414)

 

 

頑張ろう!JAPAN 元気で明るく前向きに

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

平成23度ジャパン建材標語

頑張ろう!JAPAN元気で 明るく 前向きに

 「非常事態宣言」のもと緊急対策本部を立ち上げ、全国各地より上布を収集、復興資材供給に最大の努力をして参ります。

3月11日に発生したマグニチュード9.0という日本の観測史上最大の東北関東大震災は、東北・北関東を中心に広範囲にわたって未曾有の被害をもたらしています。震災を受けている地域の皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。

3月14日時点では、まだ被害状況も不明な地域が多く、先の見通しが立たない中、ジャパン建材㈱も全国各地より情報を収集するとともに、復興資材の最大限の供給に努力していくため、代表取締役社長 大久保清を本部長として緊急対策本部を立ち上げました。

 同日、大地震発生後も断続的に地震規模の大きい余震が続き、その影響が展示会場の周辺にも及んでいることを重く受け止め、来場予定のお客様や出展メーカー様の安全確保の観点から、週末に迫っていました『第25回ジャパン建材フェア』を急遽中止する事を決定致しました。

 皆様には事前の前売り活動はじめ、展示会準備に多大なるご支援ご協力をいただきながら、展示会開催に至らなかったことにつきまして何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

日を追うにつれ、被害状況、震災規模の甚大さが明らかになり、同時に陸路のみならず、会場、空輸を駆使した被災地へ支援物資を運ぶルートの確保が図られてきました、すでに、応急仮設住宅を2ヶ月で少なくとも約3万戸の供給を目指して建設も開始されています。

さらに3月24日には、物流の大動脈となる東北自動車道が全線開通し、一般車輌の通行が可能になり、少しずつではありますが、明るい兆しも見え始めています。

 しかしながら、過去に例のない広域に及ぶ被害は大津波に見舞われた沿岸部だけでなく、内陸部にも及んでいるとみられ、私ども緊急対策本部では、その状況も詳しく入手しながら復興に向けた活動に取り組んでいます。

 今回の被災から復興を遂げるまでの年月は計り知れないとも言われています。こうした中、復興資材の入手が困難な状況も起こり得ると想われますが、迅速な情報の収集に努め、全国の同業の皆様と手を携えて被災地の復興に最大限の努力を続けて参ります。

<ブルズニュース2011.4 記事抜粋>

 グラスウール断熱材のマグ・イゾベール(本社:東京都)は3月24日、震災前に注文が入っていた製品について、一部の在庫品から出荷を再開。生産についても、停止していた2工場のうち、土浦工場の操業を再開した。

 明野工場は依然停止中で、復旧に2カ月以上かかる見込み。同社はその間の緊急対応として、グループ会社の韓国・ハニゾ社とアメリカ・サーティンティード社から断熱材製品を緊急輸入する。その準備が、次第に整ってきているところ。「時期は未定だが、なるべく早く輸入したい」(同社担当者)としている。

 現在、同社が生産可能な製品は「アルミロール」「マグロール」などロール品の一部とパイプカバー、グラスウールダクト(丸)。ロール品の「ウェーブロール」、「オランジュ」などのバット品、ボード品、グラスウールダクト(角)はまだ生産できない。

詳しくは、<新建ハウジングweb>にて、ご確認下さい。

長期優良住宅の認定を受けている住宅の地震保険が割引になる予定

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

長期優良住宅の認定を受けている住宅の地震保険が割引になる予定です。

耐震等級2で20%、耐震等級3で30%です。
※今までの認定書には耐震等級の表記がありません。H23.4/1~認定書の表記が変わります。

この表記がないと耐震等級3であっても証明できない為、20%の割引となります。

ハウスプラスより案内がきていますので、詳しくは下記よりPDFをダウンロードし、ご確認下さい。

 

「長期優良住宅建築等計画に係る技術的審査業務規程の改正」に伴う技術的審査依頼書および適合証の様式改正について

地震保険の割引確認資料の拡大について

 

<情報提供:ジャパン建材株式会社 JKサポートセンター>

 

住宅関連資材の適切な流通に向け対策

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 23 日に大畠章宏国交相から住団連に対し、応急仮設住宅の建設促進と合わせて、実需に基づく適切な発注と、過剰な在庫の保有の抑制を要請。24 日から国交省、農水省林野庁、経産省3省合同で、住宅関連資材の需給状況に関する緊急調査をスタートした。

詳しくは、<日本住宅新聞ホームページ>へ

 日本合板工業組合連合会(日合連)は、国産針葉樹構造用合板の在庫量と生産状況の調査を実施し、生産能力、供給能力ともに十分にあると発表した。調査結果は日合連のホームページで公表されている。

 日合連よると、被災地以外の組合員企業が保有する、国産針葉樹構造用合板の在庫量は2月末日時点、3×6×12ミリ換算で約430万枚。また、被災地以外の組合員企業による国産針葉樹構造用合板の月間最大生産能力は、同約800万枚という。

 これは2009年度の月間平均出荷量(同約780万枚分)と同程度で、仮設住宅や緊急復興需要にも十分に対応できるとしている。

 なお、2カ月で約3万棟規模とされている応急仮設住宅の建設に必要な合板の需要量は、林野庁試算値で同約60万枚という。

日本合板工業組合連合会ホームページ

詳しくは、<新建ハウジングweb>にてご確認下さい。

一部事業所で再開/TOTO

出荷を停止していたTOTO㈱千葉物流センターが17日、一部で出荷を再開。同時に他の物流センター等への振り替え等を行い、出荷が滞らないよう対応する。また、操業停止が続いている事業所についても生産ライン移転やOEM生産、他の工場での増産などで対応する。

詳しくは、<日本住宅新聞ホームページ>にて 

 

地震・停電・断水時における取り扱いに関するご注意

パナソニック製品ご使用時における停電時、下記の点にご注意ください

停電になりましたら、家電製品の電源プラグをコンセントから抜いていただくことをおすすめします。

モーターなどを応用した家電製品は電源が入った時に電流を大きく使用します。停電から復帰するとご家庭内の家電製品が一斉に運転を始めるため、ヒューズやブレーカーが飛ぶなど電気製品への悪影響が考えられます。

Q&Aなどで詳しく、商品ごとに説明あります。

パナソニック電工 ホームページ http://panasonic.co.jp/index3.html

 

TOTO 東北地方太平洋沖地震への対応について

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

断水・給水制限・停電時のトイレ使用について

<2011年3月14日からの『計画停電』に関するお知らせ>

 

一部地域の「計画停電」に伴い、停電対象となる自治体におかれましては、停電時における水の使用自粛を呼び掛けられている場合がございます。詳細は各自治体にご確認頂きます様、宜しくお願い申し上げます。

断水になると便器の水を流せなくなります。またネオレストやウォッシュレット一体形便器など、リモコンでの洗浄を行っている製品では、停電時にも便器の水を流せなくなります。状況に合わせて次の方法で対応してください。

詳しくは、<TOTOホームページ>にて、製品に関するお知らせなど情報提供中です。

合板、木材関連企業、壊滅的打撃

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 マグニチュード9.0 東北地方太平洋沖地震 合板、木材関連企業、壊滅的打撃

日刊木材新聞 H23.3.15

停 電 で 周 辺 企 業 も 操 業 停 止

11日午後2時46分、三陸沖を震源とするマグニチュード9.0と国内観測史上最大規模の「東北地方太平洋沖地震」が発生した。死傷者は数万人単位、避難者が数十万人超となる見込みで、戦災に次ぐ大規模名被害が発生した。

 一方、東京電力は2次災害として12日、福島原原発事故で数十人が被爆する一方、東京電力は14日から1都8県にわたって計画停電を実施。首都圏を中心に通勤、産業活動が混乱するなど、我が国にとってかつてない機器が到来した。
 15日の東証日経平均株価は633円安となり、1万円を割り込んだ。

 太平洋岸一帯にある大手合板メーカーやボードメーカー、製材工場では、少なくとも浸水し操業が全面停止に陥っており、工場復旧の前途さえも判明できない。一部は流失したとも考えられる。目下、企業関係者らで従業員、家族を安否を確認中で、産業活動以前の状態だ。直接被害を受けていない地域でも、停電により工場再開のめどが立っていない。生産活動は当然だが、主要幹線が断絶されているため、商品の搬出・入が出来ず、合板や製材ほかで急速な供給不足が起きる事が考えられる。

 未曾有の状況にあるが、配線の焼土から立ち直った我ら先人達たちの思いをはせ、今こそ皆の力を合わせ助け合い、事後禍根のない紳士的活動を切に望みたい。

<日刊木材新聞 H23.3.15号 記事抜粋>

東北地方太平洋沖地震による建築資材等製品供給への影響について

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 この度発生した東北地方太平洋沖地震の影響で、建築資材各メーカーの工場並びに物流拠点でも被災しており、稼働停止・出荷業務停止等の事態が発生しております。
各メーカーもこの状況を一日でも早く復旧すべく最大限の努力で対応しています。
 

○じゅうたま事務局で、3/14PMにおいて確認出来ている状況をご報告致します。
  3/16AM確認情報はコチラから http://www.kengakukai.net/whatsnew/maker/316.html

 

1)トステム
 建具・窓枠・階段等 出荷停止中、サッシ 一部供給困難

2)ニチハ
 出荷遅延中

3)旭化成
 ネオマフォーム 出荷停止中

4)パナソニック電工
 システムキッチン・バス関連 出荷停止中
 建材関連 出荷遅延中

5)INAX
 ユニットバス関連・システムキッチン関連 出荷停止中

6)Joto
 出荷停止中

7)クリナップ
 受注残含め3月末まで出荷停止中

8)KMEW
 出荷停止中

9)YKK AP
 出荷遅延中

10)YAMAHA
 出荷遅延中

11)大建工業
インシュレーションボードの生産工場、高萩工場(茨城県高萩市)と
会津工場(福島県会津若松市)の操業を停止中。

<H23.3.14 じゅうたま事務局調べ>

住宅金融支援機構から被災した方へお知らせ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震により被災した皆さま方に、心からお見舞い申し上げます。

住宅金融支援機構から被災した方へ以下のお知らせがあります。

  

被災住宅復旧のための資金の融資について

被災住宅を復旧するための資金の融資を利用することができます。

 

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)融資(フラット35を含む)を
ご返済中の方の返済方法変更について

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)融資(フラット35を含む。)をご利用いただき、現在ご返済中のみなさまに、返済方法に関するご相談を承っていますのでご相談ください。

住宅金融支援機構お客様コールセンター 

℡0120-086-353

受付時間 9時~17時(電話相談は、土曜日、日曜日も実施します。)
※IP電話などで利用いただけない場合 TEL 048-615-0420 
※計画停電のためつながらない場合 TEL 03-5800-8253 / 03-5800-8163

 

詳しくは、<住宅金融支援機構ホームページ>にて 

 

第25回 東京ジャパン建材フェア開催中止のお知らせ

この度、東北地方太平洋沖地震で被災された皆様へ謹んでお見舞い申し上げます。

東京ビッグサイトで3月18日・19日に開催予定でした、第25回ジャパン建材フェア中止との連絡がジャパン建材株式会社より、本日ございましたのでご報告申し上げます。

最新情報が入り次第、御報告致します。